FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

子供は、いつまでたっても子供

子供たちが、いくら大きくなって成長しても、親にとっては子供。心配しないわけにはいかない。
スポンサーサイト
 
 

笑い声の絶えない家庭

理想だね。
 
 

家族は記憶となる

妻と出会って、結婚して、家庭生活を始めたころの、初々しい喜びの数々、何をするにも一緒にいて楽しかった時代、子供たちとの小さいころの宝石のようにキラキラした数々の思い出、楽しかった家族の思い出が記憶として残る。妻は、子供に愛情を注ぎ、こどもはどんどん成長して親から離れて行く。そうこうするうちに家族旅行も減り、家族で食事に出かけることも少なくなりました。そうやって、家族は、記憶となって行くのです。遠い遠い幸せな時代の記憶。子供たちの小さいころの成長を見守ることこそが親にとって最大の幸せでした。そんな経験をさせてくれた家族、楽しい思い出、家族の記憶を贈ってくれた家族に心から感謝しています。
 
 

世話好き

自分の子供のことになると、どういうわけか一生懸命になってしまうのが親の常。自分の母親も世話好きで、子供第一に、いつも愛情を注いでくれて、いろいろとお膳立てして、子供達を学業に専念できるようにしてくれていました。自分もそんな環境で育ったせいか、母親ゆずりの世話好きで、ちょくちょく、子供たちにちょっかいを出して、逆に嫌がられて、うざがられています。子供達が自立しようとしている成長の証だととらえれば納得のいくことです。頭ではわかりつつも、心配でちょっかいを出してしまうんですけどーーーー。
 
 

2017年スタート

2017年なりました。あけましておめでとうと言いたいところですが、我が家の場合、そうもいかなそうです。年末、家族崩壊を思わせるほどの激しい喧嘩をしてしまいました。きっかけは、お正月の帰省で、唯一一緒に行ってくれていた小5の息子が、妻やお姉ちゃんの影響からか、私の故郷に行きたくないと言いだしたのです。どうしても行ってもらいたい自分と息子の間で火花が散りました。私の両親も高齢で、孫の顔を見たがっているので、サッカーも休みのお正月くらいは、一緒に行ってもらいたいのですが、いくらお願いしても、OKしてくれない息子に業を煮やして取っ組み合いの大喧嘩、娘や妻は面白がって証拠の動画撮りをする始末。あげくに妻は、マンション中に響くような大声で、助けてぇーと叫ぶ始末。幸先の悪い年末年始となってしまいました。自分の両親や故郷を大事にしてくれない妻と娘。唯一期待していた跡取りの長男の反乱に、私も我慢ができませんでした。2017年この先どうなることやら。
 
<- 08 2019 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login