FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

車の中が一番快適

最近、車を運転していて、つくづく思うのが、落ち着くことです。どこよりも一番落ち着く場所が、私にとっては、車の中なのかもしれません。流れる風景の中、誰に邪魔されることもなく、好きな音楽を聴きながらハンドルを握る。いろいろな思いが頭の中に去来し、頭や心の整理にも最適。ドライブするのが大好きなので運転も全然苦ではなく、リラックスできる。一時期、街歩きだということで、車から離れていましたが、また、ちょくちょく車の生活を始めたいと思います。
スポンサーサイト
 
 

マイブーム えんぴつ

私は、本に線を引きながら読みます。高校生くらいから習慣になってしまいました。三島由紀夫が何本もの色鉛筆をつかいわけて線を引いて本を読むことを薦めているのを何かの本を読んで、自分も始めました。、その後、ずっと蛍光ペンが主役になっていましたが、蛍光ペンを引きまくると古本屋に出せません。そこで、最近は、鉛筆を使うようになりました。鉛筆であれば、もし古本屋に売ろうと思った時は消しゴムで消せば売れる所まではもっていけます。鉛筆で読みだすとこれはこれで、結構蛍光ペンとは違って線だけでなくマルをつけたり、文字を書いたりできてとても便利なことがわかってきました。鉛筆もっての読書。マイブームです。
 
 

マイブーム

最近、自分の中で夢中になっているものがあります。毎日欠かせません。それは、歯間ブラシです。歯間ブラシの偉力を実感してからというもの、毎日、朝晩、歯間ブラシしないと気が済まなくなりました。歯ブラシのブラッシング、口をゆすることで、ほとんどの食べカスは、除去できるものと思っていましたが、意外や意外、ブラッシングだけでは、歯と歯の間にはさまった食べカスはほとんど除けないことがわかってからというもの、歯間ブラシが欠かせなくなったのです。歯間ブラシで、特に奥歯の歯間をほじくると出てくるは、出てくるは、食べカスが。歯磨きしても、こんなに残っているものなんだということを知って、驚きました。歯磨きの後、必ず、歯間ブラシすることで、本当に口内がさっぱりして、口臭も少なくなった気がします。歯間ブラシは、これからずっと習慣づけて行きたいと思っています。
 
 

つかの間の皇居


この風景が、オフィスから見えるのもいつまでだろう。皇居とオフィスの間に40階近くの高層オフィスビルが立ちはだかる予定です。いままさに基礎工事が始まったところです。ちょうど西日の方角なので夕方西日が入らなくなるメリットはありますが、きれいな夕日も含めて、この風景がみられなくなるのはとても残念です。
 
 

お年賀

昨日は、義母の練馬宅を電車&徒歩で訪問しました。お年賀として持って行った日本酒の一升瓶ですが、池袋駅の階段を登る際に、ゴツンと大きな音をたててぶつけてしまい、一瞬冷やっとしたんですが、その時点では、気がつきませんでしたが、その時に瓶にひびが入っていたんでしょうか、それから10分ほどして、東武東上線の東武練馬駅を降りたころに、後ろを歩いていた息子に「垂れているよ」と言われて、一升瓶から酒が漏れ出ている事に気がつきました。慌てて、底を手で押さえて、横にしながら、近くまで来ていた義母の家めがけて走りました。なんとか、1.5リットルくらいは回収できたでしょうか?危ない所でした。行く前に、一升瓶を誰がもっていくかでもめました。また、昔、私の祖父と祖母が、お寺を訪問する際に、持って行った一升瓶を、祖母がもっていて、駅の階段をすべり落ちてしまって、一升瓶を割ってしまって、「何やってんだ」と祖父から怒られたことがあったというエピソードを想い出していたところでしたが、今回、あんなに気にしていたにもかかわらず、同じような目にあってしまいました。
 
<- 08 2019 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login