FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

思い出の百貨店が消えてしまう

車社会、不景気、円高・・・・・・大型ショッピングセンターやユニクロ、ニトリなどの専門店に押されてか、百貨店が元気ありません。
私の縁のある地方都市のデパートが次々につぶれています。例えば、横須賀のさいか屋、川崎のさいか屋、柏のそごう、つくばの西武、多摩センターの三越などなど、当時、休日と言えば大にぎわいだった思い出のデパートが消えてしまうのはとても悲しいことです。ただ、現実、自分が、デパートを利用しているかというと、そうでもないので、仕方ないのかもしれません。そういう時代になってしまったということでしょうか。裕福と貧困の差、2極化の時代らしいので、都内のデパート、いわゆる旗艦店は、残るでしょうね。
スポンサーサイト
 
 

2社が融合した記念のとき@明治記念館

私が、今勤めている会社は、7年ほど前に2つの会社が合併して誕生しました。その合併の初めての交流会が開かれたのが明治記念館でした。神宮外苑の自然豊かな閑静な場所に千坪にもおよぶ拾いお庭がきれいな明治記念館があります。そこに両者の開発関係の部署が集結して、各部の部長から自己紹介と部のミッションやメンバーなどの紹介の後、ビールで乾杯しました。もう今では完全に融合して、新車になってから入社した人も多くなって、お互いの会社を意識しないほど一体化しています。
 
 

会社の主役は、社員

会社の主役は、社長でも、役員でも、部長でもない。ビジネス最前線に立ち、汗水たらしている現場の社員だ。会社を動かしてるのは、俺たちなんだという自負をもってがんばろうじゃありませんか。
 
 

ノマドワーカー

本社が来年夏、新しいビルに移転する。新しい本社では、固定席ではなく、フリーアドレス制となる。朝出社するとすぐ個人ロッカーから自分のPCを取り出し、空いている席に自由に座って仕事をする。業務に必要な資料やアプリケーションは、クラウドに置いてあをるので、持ち運ぶ必要もない。場所を選ばず、どこでも仕事できるクラウドワーキングを実践することになります。ノマド=遊牧民のようにその時々の業務内容に合わせて必要な場所に自由に移動しながら仕事するノマドワークのスタートです。
 
 

嫌われ代

会社には、自社の現場を監査・管理する部門がある。法律や法令、各種ルールに照らして、しっかり遵守してやっているかどうかを確認、監督する部門です。この部門の仕事は、各現場の部署のあらさがしが仕事であり、法令、ルールに逸脱しているところを見つけて指摘するのが任務である。よって、現場からは煙たがれる存在となる。監査・管理部門の人間は、現場から嫌われる宿命にある。監査・管理部門の給料は、現場からの嫌われ代ということになる。つらいが、嫌われてなんぼの生業であるという認識が必要である。誰だって嫌われるのは嫌なものだが、仕事だから仕方ない。
 
<- 08 2019 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login