FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

芸術の創造は、孤高の営みである

昨日、六本木の国立新美術館で開催中の草間弥生展に来た。草間さんの芸術活動の心の支えになった言葉として紹介されていたのが「芸術の創造は、孤高の営みである。」孤独に耐える力がなければ、あれだけ大量の作品を産み出すことはできなかったでしょう。どんな芸術もそうだと思いますが、孤独になって、自分に向き合うことができないと芸術は生み出せないんですね。
スポンサーサイト
 
 

サンダーバードとレゴ

僕の幼少のころは、サンダーバードのプラモデルに夢中になったものです。特にサンダーバード2号や、基地が好きでした。今、息子は、レゴに夢中です。お誕生日やクリスマスプレゼントにスターウォーズのレゴを注文されています。僕らのサンダーバードのプラモデルが、息子のレゴにちょうどあたるのかもしれません。サンダーバードも小さいころの記憶なので断片的ですが、よくできた作品だったという印象で、出てくるキャラクターや基地、乗り物など、とても子供心をくすぐるものでした。テーマソングもかっこよくてしっかり覚えています。もう一度最初から最後までしっかり見てみたい作品です。
 
 

ピアノのコンサート

今日、以前通っていたピアノ教室の発表会があって、行って来ました。3年ぶりの訪問でした。生徒さん達が真剣に鍵盤をたたく姿を見て、とても感動しました。娘にピアノをやってもらいたくて、自分がやっている姿を見せれば、娘も興味をもってくれるんじゃないかと思って習い始めたピアノでしたが、なかなか上達できず、娘も全然習おうとせず、結局2年余りでやめてしまいました。でも、今日、みんなの弾いている姿をみて、やっぱり音楽っていいもんだなあと改めて実感しました。先生の弾かれたバッハのシャコンヌ、生徒さん達が弾かれたサティーのデュジャブ、久石譲のアシタカとサン胸を打ちました。自分もまたやってみようかなあと思わせてもらいました。
 
 

妹一家のペット、ルーク。まるでぬいぐるみみたい。



 
 

不苦労

昔は、招き猫を集めていたこともありましたが、今は、フクロウです。フクロウつまり不苦労。苦労をしないということで、フクロウを身の回りの飾りとして集めていきたいと思います。
 
<- 08 2019 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login