FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

朝の日課:英語の音読

朝、忙しい時間を割いて、10分間の英語の音読を日課にしています。だいぶ定着してきました。この音読の効能ですが、まずは、英会話力がつきます。もうひとつは、朝、声をあげて読む事で、発声練習になることです。朝、大きな声を出して読む事は、元気が出ますし、会社に行ってからも声に張りが出て仕事にも好影響です。英語の出勤前の音読おススメです。
スポンサーサイト



 
 

ストック・フレーズ

英会話は、相手の言葉に対して咄嗟に反応しなければならない。咄嗟に反応するためには、考えていては遅いわけで、その場で英作文するなどしていては無理である。そこで必要なのが、考えるまでもなく、反射神経的に咄嗟に口を割って言葉が出てくるようにすることになる。そのためには、英会話のお決まりの文句をストック・フレーズとしていっぱいため込んでおくことになる。相手の言葉に対して、その対となりそうな想定されるストック・フレーズを何度も何度も口に出して頭に叩きこみ暗唱できるほどにストックしていくことです。英会話は、サッカーや野球などと同じで反復練習のなかで反射的に体が動くように口を動かすスポーツだという捉え方が重要だと思います。ストック・フレーズをたくさんため込んでいきましょう。
 
 

今や修学旅行もアジアの時代

先日、実家に帰省のおり、地元の高校受験塾の前を通り過ぎた際に、地元の各高校の魅力や特徴を紹介するコーナーがあって、自分の出身校の紹介を見ていて気が着いたのですが、今や修学旅行は、日本を飛び越えてアジアにまで進出しておりました。これもグローバル時代の表れでしょうか?僕らの修学旅行は、各クラスの希望で2グループ位に分かれて九州方面への旅でした。私のクラスは、新幹線で広島で下車、原爆記念館などを見学した後、新幹線で九州に渡り、福岡で下車、その後、観光バスで、平戸、長崎、熊本を巡る旅でした。それが30年後の今、シンガポールにマレーシアになっているではありませんか。隔世の感が否めません。グローバル時代、交通手段の飛躍的進歩で物理的距離も格段に短縮され、高校のレベルで国内旅行では、満足できないレベルに来てしまっているんですね。友達や職場の同僚の話やテレビ番組ではなじみのあるシンガポールですが、まだ、私自身は、実際に降り立ったことはありません。
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
 
 

グローバル化に必要なリベラルアーツ

異文化の人間と共に業務遂行する能力がグローバル人材には求められるわけだが、異文化の人間と仲良く仕事するために必要なこととは何であろうか?相手の話を聞き、理解し、時には説得することも必要なわけであるから、語学、コミュニケーション能力は、必須となる。その上で、必要になってくるのが、自国文化、異文化の理解力であり、多様性を許容する力、論理的思考力などリベラルアーツ(教養教育)の中ではぐくまれる深い教養力がものをいうようである。外国では、自らが主張しなければ置いてきぼりを食わされる世界である。自己主張、外交力、他人の領域に踏み込んでいく図々しさがないとなかなか外人と付き合っていけないような感じがする。いわゆる日本的な黙して行かん然とした人間は浮かばれないような気がする。グローバル人材が尊ばれる時代に日本も突入して、自分自らの変革とともに、これから社会を担っていく子どもたちの世代への教育支援というものも怠ってはならないと思う次第である。世界に通用する人間になろうではないか!
テーマ : 生き方    ジャンル : ライフ
 
 

英会話上達法

グローバル化が叫ばれてから久しい。日本が今後世界の中のポジションを落とさないためには、日本人のグローバル化が必須要件となります。その際、グローバル化のために最も基本となるのは、語学、特に世界共通語の体をなしてきている英会話の熟練が至上命題ともいえます。それでは、英会話を上達させるためにはどうしたらよいのでしょうか?私も学生時代以降、いろいろな英会話グッズを試してきました。やはり聞くこと、話すこと、毎日実践することにつきるかもしれません。私が今試みているのが、通勤途上での隙間時間を利用したiPodによるリスニング、毎日weeklyの購読、英会話本の音読、車中でのFEN、家族との疑似英会話生活などです。とにかく英語のシャワーを毎日浴びて、英語に親しむ地道な試みの継続こそが英会話を上達させるものだと信じています。話好きな人は英会話の上達が早いように思われるので、話好きな性格をわざと自分で意識して演出することも上達には必要かもしれません。
 
<- 10 2019 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login