FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

依存症専門の医療センター

夜9時からのNHKニュースウォッチ9を見ていましたら懐かしい名前が聞こえてきました。私の実家そばにある独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターです。最近若者の間で増加傾向のあるネット依存症の外来に日本で初めて取り組み始めたということで、注目を浴びているようです。ここは、戦後すぐ、結核病床がある療養所でした。野比海岸に面して東京湾が一望できる素晴らしい眺望の場所にありますが、あたり一面草むらで周りに民家も少なく夜になると外灯もまばらで海に面していることから海風も強く、とても寂しいところだったようです。結核病床は、昭和51年に廃止され、相前後してアルコール依存症の日本初の専門センターとなりました。今でも久里浜医療センターの中核を担っているようで、米国のNIHとも共同研究を展開しているようです。そのセンターにこれまた日本初で誕生したのがネット依存症の外来です。スマホの時代となり起きてから寝るまでネット漬けという毎日の若者が増えているようです。その生活に慣れてしまうとなかなかそこから抜けられなくなって夜昼が逆転したりして正常な生活が送れなくなってしまう深刻な依存症になってしまうようです。時代の変化に伴って依存症の対象も変わり、病院もその変化に合わせて変化する。久里浜医療センターの先駆的な取り組みに期待がかかります。自分の故郷にこのような特徴のある医療機関があることを誇りに思っていきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 神奈川    ジャンル : 地域情報
 
<- 08 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login