FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

大隈重信翁


早稲田に足を運んだら大隈さんにご挨拶しなければということで、大隈重信像を訪ねました。有名なガウン姿の立像は昭和7年(1932年)10月17日、早稲田大学創設50周年と大隈重信10回忌を兼ねて作られたそうです。大隈は、身長180cmで当時としはかなりの大男だったようですが、この像も高さ298cmもあるそうです。右足を失った後の姿のものであるため、杖をついて、大隈講堂の方向を見つめるように立っています。
大隈 重信は、早稲田大学の創設者であり、初代総長として有名ですが、佐賀藩士で、明治維新後、政治家、教育者として一生を遂げました。政治家としては参議兼大蔵卿、外務大臣、農商務大臣、内閣総理大臣、内務大臣、貴族院議員などを歴任したそうです。
明治15年(1882年)10月、小野梓や高田早苗らと「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」を謳って東京専門学校(現早稲田大学)を、東京郊外(当時)の早稲田に開設したのが、その後の輝かしい早大の歴史の始まりでした。。
慶應義塾大学の創設者である福沢は大隈のことを「生意気な政治家」と言い、大隈は福沢を「お高くとまっている学者」と言ってお互いに会うことを避ける犬猿の仲だそうですが、ある日、雑誌の編集部が大隈と福沢を会わせてみようと本人達に内緒で酒宴の席を設けたところ、意気投合してしまい、大隈が「福澤先生はうらやましいですね。未来ある若者に囲まれておいでだ」と言うと、福澤が「あなたも学校をおやりになったらどうです?」と持ちかけられて、早稲田大学を作るきっかけとなったという逸話が残されています。
スポンサーサイト



テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報
 
 

早稲田第一世紀のシンボル


大隈記念タワーを第2世紀のシンボルタワーとすれば、高さ125尺の大隈講堂の時計塔は、早大の125年の歴史、すなわち「第一世紀の早稲田」の象徴です。早稲田創設者の大隈重信は、生前「人間は25年を5回生きる能力を有している」といわゆる人生125歳説を唱えた。その後、創立した早稲田大学にとって125という数字は特別なものとなり、大隈講堂の時計台の高さは125尺(約37.9メートル)となり、創立125周年にあたる2007年には記念式典が行われたそうです。
テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報
 
 

早稲田のランドマークタワー


先日、都内出張の帰途、神楽坂方面から早稲田方面まで歩いてみました。久しぶりの早稲田散策でした。早稲田に近着くにつれて、かつて見たことのないようなタワーが姿を現してきました。大隈講堂と同系色なので、たぶん早大の施設だろうと思って確認したところ、2006年に出来た大隈記念タワーであることがわかりました。私が以前この界隈を歩いた時にはなかったので、少なくとも、2006年以降の8年以上のブランクをもっての訪問であることがわかりました。250尺(75.75m)の高さを誇るそうで、まさに「第二世紀の早稲田」を象徴するシンバルタワー (地下2階、地上16階)であり、遠方からも早大ここにありということをわからせるランドマークの役割を果たしているようです。キャンパス内の大隈重信像近くでは、新館の建設も行われており、さすが私大の雄の早稲田大学だけあって、この界隈の大学施設の変容充実ぶりに改めて感じ入った次第です。
テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報
 
 

東京大神宮


先日、都内出張の際に、昼休みを利用して研修場近くの東京大神宮にお参りに行ってきました。江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に東京大神宮が創建されました。最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。関東大震災後の昭和3年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は「東京大神宮」と改名され今日に至っているそうです。伊勢両宮(内宮と外宮)の御祭神である天照皇大神と豊受大神、倭比賣命を奉斎しています。また、天地万物の生成化育つまり結びの働きを司る造化の三神である天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)が併せまつられていることから、近年縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う若い人たちのご参拝で賑わっているそうです。私が訪ねた時もお昼時ということもあって、昼休みを利用してお参りに来るOLの方々を見かけました。
テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報
 
 

ネット通販

ネット通販のリーダー楽天の最高益が報じられています。LINEも今秋からネット通販に乗り出すようです。ネット通販は、消費に革命をもたらしました。私も、本や音楽は、実際のお店を歩き回ってあるかないかわからないモノを探し回る手間が嫌で、時間の無い時などは、検索一本であるなしがわかり、素早く購入に至ることがてきるネット通販をよく利用しています。(時間のある時は、探索中に思わぬ副産物に出会える楽しみもあるので、これはこれでいい面もあります。)昨日も、以前からお店を歩き回っても見つけることが出来なかった上田知華+KRYOBINの「I WILL」とリスクマネジメントと法律知識という本をネット通販でやっと手にすることができました。見つからなかったものが見つかった時の喜びは非常に大きいものがあります。ネット通販が成長するわけもうなずけます。
テーマ : ネットワークビジネス    ジャンル : ビジネス
 
 

Gatekeeper

ゲートキーパーと聞いて皆さんはどのような人を想像されるでしょうか?
ゲートキーパーは、そのまま英語を直訳すれば、「門番、門衛」であり、転じて交通や通信を監視 / 管理する人及び装置のことを指します。一般的には、ゲートキーパーというと自殺の危険や兆候を示している人に適切な対応(悩んでいる人が発しているサインに気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、「命の番人」とも言えるような人を指す言葉として流布しています。
今、自分は、会社の研究所で契約書のチェックや研究に使用しているマテリアルの権利関係のチェックなどを行っています。いわばリーガルチェックを主な使命とする「法の番人」(まだ番人と言えるほど立派ではありませんが)です。ライフサイエンスの研究で飯を食うことを決意して、大学時代以来研さんを積んできた自分が、30年近くを経てまさか法の番人のはしくれになろうとは想像もしておりませんでした。今は研究者の現役を離れ誰からも信頼されるゲートキーパーとなることを目標に日夜努力しております。

テーマ : ビジネス    ジャンル : ビジネス
 
<- 08 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login