FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

東京ミレナリオ

東京ミレナリオ3
写真は、結婚したての2001年のまだ娘が生まれていない新婚ほやほやの頃、妻と二人で行った東京ミレナリオの「パラトゥーラ」と呼ばれる電飾のアーチです。東京ミレナリオは、1999年から2005年までの間、毎年12月下旬から翌年1月にかけて東京都千代田区の丸の内(東京駅丸の内方面〜丸の内仲通り〜東京国際フォーラムまでの約350メートル)で行われているイタリア人のアートディレクター ヴァレリオ・フェスティ氏と作品プロデューサー今岡寛和氏による光のイルミネーションによる祭典です。ミレナリオとは、イタリア語で千年祭の意だそうです。 神戸ルミナリエの東京移植バージョンです。東京駅丸の内口の復元工事に伴い、第7回開催(東京ミレナリオ2005-2006)で一旦休止されています。写真の2001年作品は、新世紀最初の丸の内仲通り作品ということで、タイトルは「黎明(Aurora)」でした。東京駅の復元工事の完成に伴い今年から東京ミレナリオ復活ということで楽しみです。
スポンサーサイト
 
 

皇国の興廃この一戦にあり


横須賀方面にお越しの際に、是非立ち寄っていただきたいのが、三笠公園です。ここには、日本海海戦でロシア艦隊を撃破した連合艦隊の司令長官、東郷平八郎の銅像と、東郷が秋山と共に指揮をとった旗艦戦艦三笠が展示されています。ロシア艦隊からの砲撃での被弾箇所がマーキングされており戦争当時の生々しい姿を彷彿とさせられます。東郷が望遠鏡を片手に立っていた場所からの眺めも素晴らしいです。館内では、日本海海戦の資料や当時の館内の様子がわかるように見学コースが組まれていてとても勉強になります。館内の映像室では、日本海海戦の映画が放映されており、軍艦マーチが大きな音量で流されていて、戦艦にいることを実感させられます。少し前にNHKで放映されていた司馬遼太郎の坂の上の雲で、三笠ブームに火がつきました。写真は、日本海海戦でZ旗が掲げられた際の東郷元帥の兵を鼓舞する激励の言葉「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮闘努力せよ」の直筆の掛け軸です。三笠に縁のある曲を2曲ついでに紹介します。
 

テーマ : 神奈川    ジャンル : 地域情報
 
 

必殺仕事人

マルチ人間は損をする。なんでもそつなくこなせる人間は、社内でも重宝され、何でも困ったことがあれば頼まれる。うまくやってもらえたものだから次回も頼まれる。仕事の出来る人間のところのどんどん仕事が集まる。いつの間にか、会社の使い走りとして生きていくうちに、何かこれといった専門性をもった余人をもって代えがたき人間にはなれずに、いくらでも代替のきくなんでも屋になりきってしまう。こんな損な人生を歩まないためにも、社内のいろいろな仕事を安請け合いしないで、自分の専門に特化した仕事だけに専心していくことが重要である。いい人になるのをやめるのを推奨する本を書店でみかけたが、まさに社内のいい人から脱却することも重要なのかもしれません。


テーマ : ビジネス    ジャンル : ビジネス
 
 

菊の御紋


写真は、あるところに掲げられていた菊の御紋です。鎌倉時代に、後鳥羽上皇がことのほか菊を好み、自らの印として愛用して以降、歴代の天皇が自らの印として継承し、慣例のうちに菊花紋、ことに十六八重表菊が皇室の紋として定着したそうです。現在でも日本の在外公館の玄関には、日本の国章の代わりとして菊花紋章の浮き彫りがあります。また、日本国発行の旅券の表紙にも菊花紋章をデザイン化したものが使われています。そのほか、菊花紋は日本の勲章の意匠にも取り入れられるなど、菊は桜と並び、国花に準じた扱いを受けています。日本の国章に準じた扱いを受け、法的には国旗に準じた扱いを受けるため、それに類似した商標等は登録できません(商標法第4条第1項第1号)。国際的にも、十六八重表菊は、工業所有権の保護に関するパリ条約第6条の3に基づいて、1967年に同条約の同盟国に通知されており、これらの国では商標登録をすることができないそうです。日本軍においても村田銃以降のすべての軍用小銃に刻印されていたほか、陸軍の軍旗(連隊旗)の旗竿先端(竿頭)や、海軍の軍艦の艦首に金色金属製の菊花紋章が付されていました。写真の菊の御紋も、日本海海戦でロシア艦隊を撃破した旗艦三笠の艦首に付されていた由緒あるものです。
テーマ : 神奈川    ジャンル : 地域情報
 
 

新発見 息子の隠れた才能

息子が、今日、アニメーションクリエーターに変身しました。息子が、最近ハマっているのがレゴ、暇があれば、レゴで遊んでいます。1週間後に息子の8歳の誕生日を迎えますが、レゴをおねだりされています。今日は、レゴの人形や車や家や階段やATMを使って、少しずつシチュエーションをずらしてカメラにおさめてアニメーションを作成していた。出来上がったアニメは、どろぼうの二人組が、ATMをバールで破壊してお金を強奪して、仲間の車で逃走するといったちょっと不気味な内容。でもとったデジカメ写真を早回しでみせてくれたが、あたかも動画を見ているかのようななめらかな動きのアニメーションになっていて、感心させられた。もしかしたら息子は、クリエーター向きなのかもしれないと親ばかかもしれないが少し嬉しかった。なんでもいいから夢中になるものを見つけて、夢中に取り組んでいるすがたは嬉しいものです。息子のアニメーション作りはしばらく続きそうです。カメラが壊れなければいいんですが・・・・・?
テーマ : 子供の成長    ジャンル : 育児
 
 

ふなっしー


みなさん、ふなっしーってご存知ですか?私は一昨日まで知りませんでした。一昨日、妻がお土産に買ってきたのが写真のポテトチップスです。ご当地もので、船橋限定のソース味のポテトチップスです。そこに写されたお化けのQ太郎を思い出させるキャラクターとふなっしーの文字が飛び込んできてので、これは何だということで娘に尋ねたところ、「知らないのー」と馬鹿にされながら、船橋のゆるキャラで、バラエティー番組に良く出ていると教えてくれました。「ふなっしーは、千葉県船橋市を中心に活動するシンボルキャラクターらしいですが、実は、船橋市非公認らしいです。でも船橋で有名なららぽーと東京Bayの公認キャラではあるそうです。モチーフは、2000年に1度だけ現れる奇跡の梨の妖精で、身長は90㎝、体重は、35㎏だそうです。両親は普通の梨の木、2011年11月よりツイッター、2012年5月よりユーチューブで発信され、活動が始められたようです。概して「ゆるキャラ」と称されるマスコットキャラクターは愛くるしい格好と動きが特徴ですが、ふなっしーは大きな雄叫びとともにジャンプするなど過激な動きを見せ、着ぐるみのキャラクターとしては数少ない喋るキャラで、イベントやTV出演などでも饒舌なトークをしばしば展開し、語尾は「なっしー」だそうです。好物は桃、洋梨、だんごむしで、嫌いなのは、もずくだそうです。青い部分は「タトゥー」で、目が灰色なのは、汚れた人間界を見てきたから。おなかの赤い部分は「返り血」だといううわさも。ふなっしー曰く「虚言癖があり、言っていることの27.4%が嘘」とのことですので真偽はわかりません。当初、船橋市役所や市内の商業施設に売り込んでも相手にされていなかったそうですが、原案者が「自主的に」市内のイベントなどに登場したり、YouTube に動画をアップロードすると、じわじわと浸透していったそうで、2013年2月にはアサヒ十六茶のテレビ広告にも登用され、それ以来はテレビのバラエティ番組などで取り上げられて市民権を得てきたようです。ふなっしーのソース味ポテトチップスおいしかったですよ。それにしても、出不精な妻が船橋に何をしに行ったのかは、何度聞いても、写真のご当地土産を買いにとはぐらかされるばかりで、詳細を教えてくれないので、いまだに不明で不気味です。
テーマ : 千葉県    ジャンル : 地域情報
 
 

抗糖化食材を食べよう

息子は、いつも主菜、副菜などおかずや味噌汁を先に食べて、ごはんは一緒にたべることなく、最後にノリや納豆、お茶漬けなどで最後に食べています。そんな食べ方を見ていて、いつもおかずと一緒に食べなさいと言ってきた自分でしたが、実は、息子の食べ方こそが、老化物質の体内での生成を防ぐ食べ方だということを知り驚きました。取り過ぎた糖は体内に消費されずに残り、その糖が蛋白質と結び付くと老化物質になります。老化物質は、皮膚のたるみやしわ、アルツハイマー病、動脈硬化、糖尿病、腎臓の機能低下、骨粗鬆症などの原因になるということで、いかにこの老化物質を体内に作らないようにするかが若さを維持するうえで大事になってくるわけです。老化物質の生成を防ぐ物質は、抗糖化食材でもあります。その代表的なものが日本茶(カテキン)であり、水菜、春菊、ホウレンソウ、ピーマン、ブロッコリーなどの野菜です。これら抗糖化食材をたくさん取ることとです。老化物質の生成を防ぐためには、食べ方も重要で、野菜や海草などの食物繊維を一番最初に食べて、その後肉や魚などのタンパク質を食べて、最後にごはんやパンなどの炭水化物を食べる。この順番が、血糖値の上がり方を緩やかにして老化物質の生成を防いでくれるのです。息子の食べ方は、非難されるべき食べ方ではなく、むしろ推奨される食べ方だったんですね。息子に逆に教えられた感じです。
 
 

自己管理が問われている

米国では、太っている方は、自己管理の出来ない人の烙印を押されて、管理職にはなれないと聞いています。今、ダイエットを始めて感じるのは、毎日食習慣、運動習慣を自己でしかり管理できれば、肥満は解消することができるということで、まさに自己のマネジメント力が試されていると感じます。かつて10数年前はヘビースモーカーだった自分が、10年前に子供の誕生前に何度も挫折を繰り返しながらも、意志の力で禁煙を実現できたことを思い出します。ダイエットも自己との闘い、食欲や怠惰との闘いと考え、今回も強い意志をもって、ダイエットを達成していきたいと思います。
 
 

ロッジで待つクリスマス

帰宅途上の車中、疲れて本を読む気もなくて何気なくつけたウォークマン、そこから流れてきたのがユーミンの「ロッジで待つクリスマス」でした。この曲を聴く度に必ず思い出す人がいます。その人は、このロッジで待つクリスマスの入ったまだ当時はLPレコードと言われて頃のユーミンのアルバム「流線形」の持ち主の方です。私が音楽に目覚めたのが中学生時代、中学2年生の頃でしたか、親しかった同級生の10歳年上のお姉さんが持っていたユーミンの流線形を同級生を通じて借りました。この流線形が発売されたのが1980年ということなので、発売されたばかりのニューアルバムを借りたことになります。このおしゃれなアルバムのジャケットの絵に心躍らせたことを今でもよく覚えています。この流線形にはユーミンのちょっと大人びた雰囲気のおしゃれな曲がたくさん収められていて、テープに録音させて頂いて、何度も熱心に聴きました。ちょっと背伸びした感じで聴いたユーミン、その中の最もお気に入りの曲が「ロッジで待つクリスマス」でした。その当時はスキーが流行っている時代で、そのお姉さんもスキーが上手で、同級生とお姉さんと一緒にグループで山形の天元台にスキーに連れていってもらったこともありました。私にとっては初めてのスキーで、思い出深いスキーでしたが、お姉さんとの思い出もこのロッジで待つクリスマスの曲で甦ってきます。お姉さんは、とても親切で上品で、理想的なお姉さんでした。自分にもこんなお姉さんがいたらなあと思うほど羨ましいお姉さんでした。その後お姉さんは、結婚されて、良妻賢母ぶりを発揮、子供を公立の医学部に進学させたと伺っています。今でもそのお姉さんは自分にとっては理想の女性で、自分の娘にもこのお姉さんのように育ってもらえればと思う目標の女性です。


テーマ : お気に入り&好きな音楽    ジャンル : 音楽
 
 

0.2kgの快感

朝、体重を測ってびっくり、なんと昨日から0.2kgも減りました。思わずやったーと歓喜の声をあげてしまいました。体重が減るのがこんない快感なんて。20代の頃のスリムな自分をイメージングしてせっせと減量に励む毎日です。帰宅後は、サイレントイブを聞きながら毎晩恒例のジョギングをしました。ジョギングしながら思わぬ発見もあります。マンション周囲を2周しましたが、今、自宅マンションの築10年目の大規模修復中でマンション周囲に足場が組まれているところですが、その速度にびっくりしています。10階建てのマンションですが、一日で足場が40-50メートルくらい進んでしまいます。昼間の作業が見れませんので、作業員何人でどんな具合で進行しているのかわかりませんが、素晴らしいです。


 
 

谷田部の思い出

今、百田尚樹の「永遠の0」というベストセラーを読んでいます。その中で目に留まったのが谷田部海軍航空隊です。何故かと言えば、谷田部は、私の20代後半の熱き時代に2年間ほど住んだことのある思い出の地だからです。その当時某大学の博士過程に在籍していた自分は、つくばの谷田部にあるR研究所で研究をしておりました。若き青春時代を謳歌した思い出の地が、なんと第2次世界大戦中は航空隊の飛行場でそこから特攻隊員が巣立っていったということを知ってとても驚きました。谷田部海軍航空隊は、日本海軍の部隊の一つで、昭和7年、茨城県筑波郡谷田部町に霞ヶ浦海軍航空隊の補助飛行場が建設され、予科練の霞空と連動して練習機専修の分遣隊を設置されたことに始まり、昭和14年12月をもって独立しました。当初は搭乗員の初歩練習を推進するための部隊でしたが、昭和19年12月に要員を総入れ替えし、昭和19年2月15日に開かれた神ノ池海軍航空隊を迎え入れ、戦闘機操縦訓練隊に変貌したそうです。菊水作戦実施直前に、教官は特別攻撃隊を編成し、沖縄方面の特攻作戦に参戦したということです。谷田部飛行場は、終戦とともに農地に転用されることとなりましたが、敷地の各所にコンクリート構造物が埋もれ、開墾には多くの支障があったそうです。やがて高度経済成長とともに農地としての価値は下がり、跡地の大部分を農林水産省が占有し、農業生物資源研究所や農業工学研究所設立されました。私が研究していたR研究所は、農林水産省の研究所が集まるいわゆる農林団地の道路隔てた向かいにありました。ですのでよく知っている場所です。僕らの時代には、農林水産省の研究所の建物が林立しておりましたが、そこがかつては日本帝国海軍の飛行場だったとはびくりです。永遠の0を読みながら谷田部をしばし懐かしんでいました。




 
 

体重モニタリングの効果

中性脂肪もLDLコレステロールもHbA1cも腹囲など、メタンボリックシンドローム予備軍たらしめるバイオマーカーのすべての元凶は、糖分過剰摂取による肥満にあるということで、毎日せっせ、せっせと減量に励んでいるわけですが、そのインセンティブとして重要なのが、会社が提携してくれている某健康管理企業のweb上での体重記録とモニタリングです。朝の体重と本日の食事と運動の記録日記を毎日web上に更新しています。このブログを書く前も、マンションの敷地周囲400メートルを軽く2周、JUJUの「ありがとう」をウォークマンで聴きながらジョギングしてきたところです。自分の体重の推移をグラフとして目の当たりにし、健康管理士の方もチェック頂いていると思うといいかげんなことはできないとやる気が出てきます。昨日からの一日でたったの0.1kgですが体重が減少したことも、昨日一日の努力が報われたということで喜びを感じさせてくれます。継続こそ力なりで、モニタリングをインセンティブに毎日楽しみながら続けていきたいと思います。


テーマ : ダイエット日記    ジャンル : ヘルス・ダイエット
 
 

夢幻花


黄色い朝顔は見たことがありません。でも江戸時代にはあったそうです。「黄色い朝顔を追いかけるな」で有名な東野圭吾の小説「夢幻花」では朝顔市で有名な入谷を舞台にした長編ミステリーです。朝顔の多様性には驚かされます。朝顔の品種改良に魅せられる心理も理解できます。写真の朝顔も白と青のストライプの斑模様でなんとも妖艶な朝顔です。たまたま近所を歩いていて見つけたのですが、しばらく見惚れていました。


テーマ : 花の写真    ジャンル : 写真
 
 

続健康宣言

昨日、体重を20代の頃の70kg台に半年以内に落とす宣言をしました。それに加えてBMI<25も宣言したいところですが、私の身長からすると体重75kg以下にならないと実現しませんので、それはさらに半年後の目標に撮っておきたいと思います。70代前半にもっていければ、それはまさに自分が20代の前半の一番アクティブな肉体へと戻ることになるわけで、素晴らしい快挙です。その無謀ともいえる目標達成のためには強い意志と戦略が必要となります。そこで、本日整理した私の減量作戦を以下にご披露したいと思います。
1.夕食後の間食はしない。(菓子の買い置きしない)
2.飲料はノンカロリー飲料に限定する。
3.夕食のカロリー摂取を極力抑える(ほとんどを翌日のお弁当に回す)
4.朝食のパンは甘い菓子パンは避けて、食パンにする。
5.野菜をたくさん取る。350g/日 3食野菜を取る 野菜で満腹感を得る。緑黄色野菜
6.ドレッシングはノンオイルタイプ
7.夜軽くマンション周囲をジョギング
8.腹筋、背筋、腕立て伏せ
9.海藻、キノコ、こんにゃく、豆腐、魚料理重視
10.牛乳は低脂肪で200cc以下。ヨーグルトは低糖。野菜ジュースは100%野菜
11.ごはんは1膳まで。
12.麺類のつゆは残す。
13.揚げ物、中華料理などの高カロリー食品を避ける。肉も脂身を残す
14.よく噛んで食べる
15.朝夕の通勤自転車
16.時々息子と夜のサッカー練習
17.エレベーター、エスカレーターには乗らない。階段利用
18.週末は、家族でサッカーやウォーキング
19.休日の掃除機、風呂掃除担当

 
 

健康宣言

今日、会社で保健指導を受けました。健診で中性脂肪値とHbA1cが基準値を超えてしまったので、歳も歳なので、この際しっかり専門家に生活習慣のアドバイスを頂いてみようと思ったからです。中性脂肪、HBA1c共に糖分摂取量を控えることが正常値に戻すために必要だということで、まずは体重を落とすことに専念することになりました。体重を5%下げるとかなり数値が改善されてくるということで、今日から6ヶ月間で体重を5キロ程度下げて、70キロ台に戻すことを目標に掲げました。そのために実行することとして、糖分の入った炭酸飲料を飲まない、朝の菓子パンをやめて食パンにする。夕食後の間食をやめる。野菜を多く取る。帰宅後に軽いジョギングを行う。これらを実践することにしました。本日の体重、85.3Kgです。これから毎日体重を測りグラフで追っていくことになりました。6ヶ月後のスリムな自分を想像しながら頑張っていきたいと思います。
 
 

どしゃぶりの対戦

今日は、どしゃぶりの中、息子の少年サッカーの市民大会の試合があって、金沢文庫まで市内を遠征しました。前回、雨で試合が流れてしまったこともあり、今回は、多少の雨でも実施しようとことでの決行でしたが、早朝の小雨が、時間がたつほどに強さを増し、試合の最中は、どしゃぶりの悪天候でした。ゴール前には大きな水たまりができ、本来なら入るシュートでも、水たまりで失速し、入らなくて悔しい思いをしたり、ほっとしたりのお互いさまで、本来の実力勝負になっているのかよくわかりませんでしたが、子供たちは、どしゃぶりもなんのその、むしろ喜々として頑張ってくれていました。結果は1分け1敗でしたが、この雨のなかで闘志あふれるプレイをしてくれた子供たちを褒めてあげたい一日でした。来週も2試合ありますが、2勝して、市民大会の決勝トーナメントに進出したいものです。
テーマ : 少年サッカー    ジャンル : スポーツ
 
 

歯磨きの誤算

先日、歯科検診がありました。今や国民病ともいえる歯周病ですが、歯自身のケアも重要ですが、それにもまして歯茎が重要であるということを最近実感しております。虫歯がいくらなくても歯の土台ともいえる歯周りが悪くなってしまったら歯は維持できなくなります。人生80年、20本の歯を維持することが推奨されています。咀嚼機能の維持がどれだけ健康寿命の維持に貢献しているかわかりません。私は虫歯は1本もありませんでしたが、歯茎が下降して歯が浮いて来そうな傾向がみられ、軽い歯周病が進行していることを指摘されました。忙しさにかまけて、時間をかけて歯茎のケアをすることを忘れていました。1日1回、夜お風呂に入りながらでも、10分位かけて、歯茎のブラッシングや歯間ブラシを使った歯石予防などを毎日することを勧められました。今まで歯磨きと言えば歯そのものを磨くこととばかり思っていましたが、重要なのは歯だけではなくて、歯を支えている歯茎のブラッシング、マッサージであるということを身にしみて感じているところです。
テーマ : 健康管理    ジャンル : ヘルス・ダイエット
 
 

運動会


今日は、こどもの運動会でした。ランチの場所取りから始まり、9時から14時半の閉会まで、鈴割あり、ダンスあり、徒競争あり、騎馬戦あり、ソーラン節あり、リレーあり、応援合戦ありで、盛りだくさんの運動会でした。立ちっぱなしの観戦でしたので、終わった時には腰に痛みが、家に帰ってからソファにぶっ倒れてしまいました。ただ立って写真やビデオを撮っていただけなのに結構疲れるものです。でも、その疲れを吹っ飛ばしてくれるくらいの元気を子供たちからもらったのも確かです。徒競争で息子が一番でゴールしたこと、娘は2位でしたが必死に歯を食いしばって走る娘の姿に感動させられました。ソーラン節では、娘の踊る姿をずっと探していましたが、人数が多くて、結局見つけられなかったのですが、妻の話ではとてもうまく踊れていたそうです。入場行進の際にプラカードを持ったり、球ころがしの裏方として奔走している姿も目に焼き付いています。運動会で、普段見られない子供の成長の一面を見ることができて有意義な一日でした。
 
 

右腕

2週間ほど前に右腕を負傷しました。自転車の接触事故で右腕が金網のフェンスに激突、出血しました。その傷がかさぶたになってかゆみを増してきたところです。そんな右腕ですが、その事故の後遺症からか、腕をあげるのがつらく、軽いしびれも感じて、いつもの右腕ではないのです。いつもは、あって当たり前だった思っていた右腕ですが、変調をきたして初めてその重要性に気がつきました。何事をするにも右腕なくして出来ないことを実感しています。ペンを握ったり、箸をもったり、ハサミを使ったり、歯を磨いたり、拭き掃除したり・・・・何でも右腕でやっています。もし右腕の自由が効かなくなってしまったらと思うとものすごい不安にかられます。ちょっとした無茶での事故で、久しぶりに腕をすりむいたわけですが、あまり無茶しちゃいけないなあと反省している次第です。
テーマ : 健康    ジャンル : ヘルス・ダイエット
 
 

人を見る目

組織は人だとつくづく思います。どんな組織も、組織を構成する人の良しあしで決まるというのは真実だと思います。だから、人を見る目が大事になります。人を見る目がない組織は衰退します。サッカーのチームだって、会社だって、そうだと思います。なにかにかけてコンプライアンスが叫ばれる世の中で、人の評価も少なからず影響を受け、突出した個性や、目立つ存在が浮かばれない世の中になってきているのではないでしょうか?何か平均的な穏やかな水準に落とし込まれた世の中は老成した社会と言い換えることもできるかもしれません。そんな社会に寂しさを感じる今日この頃です。
テーマ : こいつは使えるぞ    ジャンル : ビジネス
 
 

東京スカイツリーと東京大学


東京大学の本郷キャンパスと東京スカイツリーを一度に眺められる場所。これはどこからの眺めかご存知でしょうか?文京シビックセンター25階の展望ラウンジからの眺めです。文京区の区会議場がこの展望ラウンジのすぐ階下にあり、会議をしている様子を眺めることもできます。文京区役所なので、展望ラウンジも無料で開放されています。秋葉原や丸の内、新宿、池袋と東京の大都会の大パノラマを無料で堪能できるお得な場所です。
テーマ : 東京23区    ジャンル : 地域情報
 
 

樹に寄生した曼珠沙華


珍しいところに咲く曼珠沙華を発見しました。見てください。なんと苔むした樹の幹に生えているのです。樹の幹に寄生しているかのようです。
テーマ : 埼玉県    ジャンル : 地域情報
 
 


仏典に由来する曼珠沙華は、全草有毒な多年生の球根性植物で、散形花序で6枚の花弁が放射状につくのを特徴としています。中国から帰化したものと考えられていて、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったといわれています。土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられいます。秋の季語でもあり、花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」です。
 
 

日高巾着田の曼珠沙華


埼玉県日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになった場所があります。秋には、直径約500メートル、面積約22ヘクタールの川に囲まれた平地が、あたり一面真っ赤な曼珠沙華(彼岸花)で染まり、まるで赤い絨毯(じゅうたん)を敷き詰めたようになります。
 
 

富津岬の先端から房総側の眺め


明治百年記念展望塔の最上階から房総方面に目をやると富津岬の全貌を目にすることができます。房総半島から東京湾に突き出した岬の全体を視野におさめることができます。
テーマ : 千葉県    ジャンル : 地域情報
 
 

富津岬の先端にそびえる明治百年記念展望塔


9月の上旬の晴れた日に、東京アクアラインで房総にひとっ飛び、富津岬の最先端にある、五葉松をかたどった展望塔に登ってきました。昭和46年建設で、最上階の高さ21.8m、この最上階からの眺めは、東京湾を一望できるだけでなく、冬の空気の澄んだ日には、富士山もくっきりと観ることができるそうで、ナイスビューでした。関東の富士見百景にも選ばれているそうです。
テーマ : 千葉県    ジャンル : 地域情報
 
 

黄金風呂


木更津と聞いて思い出すのは何でしょう?潮干狩り、上総アカデミアパーク、日本の代表的な同様である狸囃子で有名な証城寺、三井アウトレット木更津に木更津キャッツアイなどなどたくさんありますが、9月上旬の天気のいい日に、竜宮城スパ三日月へランチバイキングと温泉につかりに家族で行って来ました。東京湾が一望できるスパは、回遊風呂あり、岩風呂あり、露天風呂ありで良かったです。特に東京湾に沈む夕陽を眺めながらの露天風呂は最高でした。さらに、当スパご自慢の時価1億5千万円という黄金風呂にも、大人独りがやっとつかれる大きさのお風呂ですが、少々先客を待ってから、一生に一度の体験だと思ってしっかりつかってきました。
テーマ : 千葉県    ジャンル : 地域情報
 
 

シダ


瀬谷市民の森は大きな杉が林立していて、内部は昼間でも暗くなっています。そんな日陰で繁茂するのがシダです。大きなシダの群れがスギの木立の合間をぬって生えています。
テーマ : 横浜!YOKOHAMA!    ジャンル : 地域情報
 
 

瀬谷市民の森を歩く


昨日は、天気が良かったので、自宅からほど近い、瀬谷市民の森を訪ねました。横浜市の瀬谷区の東部と旭区との境に広がる森林地帯の一部で、お隣は程ヶ谷カントリークラブで、背の高いスギやヒノキやナラなどの雑木林が拡がります。高校時代にオリエンテーリング部に入っていた関係で、高校時代から練習でこの地を訪れていたこともあり懐かしい場所です。瀬谷市民の森の隣には追分市民の森、さらに緑区には、三保市民の森、新治市民の森がなどが拡がり、オリエンテーリングをするにはもってこいの場所なのです。
テーマ : 横浜!YOKOHAMA!    ジャンル : 地域情報
 
 

両親の金婚式のお祝い


昨晩は、横須賀の煌蘭という中国料理店で、両親の金婚式のお祝いをしました。両親と私の実の妹と息子さんの2名と私の家族4名の8名でテーブルを囲んでささやかではありますが、結婚50周年をお祝いしました。両親の結婚式の写真や子育ての写真など若き日の思い出の写真を見ながら、当時を懐かしみ思い出にひたりました。お父さんがスピーチで我が人生に悔いなしと訥々と語ったのが印象的でした。お店からはお祝いとして写真の桃の饅頭を出して頂きました。食事して歓談して最後に全員で記念撮影をしたあと、煌蘭と同じビルの中にあるカラオケ屋さんで1時間半熱唱しました。妹の息子さんが山口百恵のプレイバック2を声変わり前の可愛い声で熱唱してくれて大いに盛り上がりました。私もヨイトマケノ唄やhome、南部ダイバーなどを熱唱しました。娘も、GMTの地元に帰ろうなどを可愛い声で聞かせてくれて感動しました。娘が二人きりになった時に僕に、「カラオケってこんない面白いものだったんだね」と言ってくれたのがとてもうれしかったです。そんな家族の歌声も感動しましたが、昨晩の一番の感動は、あの脳血栓の後遺症であまりよくしゃべれない父が、都はるみの「大阪しぐれ」をしっかりした音程で歌ってくれたことでした。これを機会に家族でのカラオケを続けていきたいと思います。
テーマ : 家族    ジャンル : 結婚・家庭生活
 
<- 10 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login