FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

シクラメン

冬の花で何かお好きですか?自分は、シクラメンです。寒い部屋に暖色系の赤やピンクのシクラメンの鉢ものを置くだけで、こころが温かくなります。街を歩くとお花屋さんでよく見かけるのがポインセチアとシクラメンです。今日もグランベリーモールを歩いていて花屋の店先でシクラメンがたくさん置かれていて、そばを通る時にシクラメンの香りをかぎ懐かしさがこみ上げてきました。僕にとってシクラメンと言えば、自分のおじが花卉栽培業をしていて、大学生の頃、手伝いに行った思い出でです。シクラメンも大々的に栽培していました。ビニールハウスの中で育てていますが、そのハウスの中に入るとシクラメンの香りが充満していてその中で、いろいろ作業の手伝いをしていました。店頭でかいだシクラメンの香りで今は亡きおじを思い出し、おじの下でアルバイトしていた時のことが一瞬のうちに甦って来て懐かしく感じました。
スポンサーサイト
 
 

グランベリーモール南町田のクリスマスツリー

DSCN9520 (5)
今年のグランベリーモールのクリスマスツリーです。群馬県嬬恋村から取り寄せた生きたもみの木だそうです。高さ30メートルもあるというから驚きです。
 
 

グランベリー

DSCN9502 (5)
今日は、歩くのが目的でしたので、グランベリーモールのお店をすべてくまなく歩いてみました。とてもリフレッシュになりましたし、いい運動にもなりました。
 
 

グランベリーモール南町田

DSCN9499 (5)
久しぶりに、グランベリーモールを歩きましたが、お店もかなり入れかわっておりました。モールも時々ローテーションや新陳代謝しないとマンネリ化して活気がなくなってしまうということでしょうか。
 
 

グランベリーモール南町田

DSCN9492 (5)
今日、夕方、散歩がてら、久しぶりに、南町田のグランベリーモールを歩きました。クリスマスシーズンということもあって、イルミネーションがとてもきれいでした。駅を出て少しあるたところにある橋の上に出来た光のトンネルです。
 
 

良き習慣が良き人生を創る

毎日の積み重ねが人生となる。そこで重要になってくるのが、毎日の習慣です。私が勉強が好きになったのは、小学校時代に経験した塾が楽しかったことから始まっているような気がする。勉強することで世界が広がること、勉強すればするだけ試験でいい点を取れること、よい先生に出会ったこと、よい友達にであったことなどすべてが総合的にからんで、勉強が好きになり、毎日勉強することが習慣になってしまった。本を読まないと落ち着かないのも、読書が習慣になってしまったからだと思う。だから、子供たちには、是非、よい習慣を身につけてもらいたいと思っています。毎日それをしないと落ち着かないもの、一日が終わった気がしないもの、それが習慣だと思います。朝早く起きること。朝食をしっかり食べること、毎日読書すること、新聞やニュースで時事的な情報をインプットすること、英会話を学ぶこと、毎日、一万歩以上は歩くこと、毎週2,3日は、サッカーや水泳やジョギングなどで汗をながすこと、などなど良き習慣をつくって、それを継続すること。そうすれば、間違いなく実りある人生となることでしょう。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9207 (3)
今日は、この辺で終わりにしたいと思います。来月のクリスマスの晩までやっているそうなので、まだの方は是非足を運ばれてください。感動すること間違いなしです。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9203 (4)
中目黒駅に近づいてきて、川沿いも飲み屋さんなど多くなり、イルミネーションを眺めながらの一杯を楽しむ方で賑わっていました。
 
 

DSCN9200 (4)
青の洞窟のバックに浮かび上がっているのが高層マンション。高層階からの青の洞窟は、青い光の筋としてまた違った光景でしょう。見てみたいです。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9197 (3)
池尻大橋から歩きだして、中目黒駅を目指しましたが、この地点は、かなり中目黒駅に近い地点です。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9196 (3)
イタリアの名スポット「青の洞窟」をイメージした幻想的な空間が拡がっていました。水面の青とてもきれいでした。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9194 (4)
橋の中央から撮った一枚。橋の上は、記念撮影の見物客で溢れかえっていました。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9189 (4)
川沿いや橋の上では、ここかしこで、スマホで自撮りしているガールやカップルを見かけました。
 
 

中目黒

DSCN9187 (3)
青い光のアーチ、魅せられますね。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9184 (4)
川沿いのマンションに住む方々がうらやましいですね。自宅から毎晩のようにこのイルミネーションを眺められるんですから気持ちも盛りあがるでしょうね。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9183 (3)
宝来橋から朝日橋全にかけての全長500メートル、往復1kmに及ぶ桜並木に展開された40万個のLED。取り付けるの大変だったでしょうね。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9181 (4)
青のイルミネーションがつけられた木々は、川沿いに植えられた桜並木。春は、この界隈は花見の名所として賑わいますが、冬の名物も登場して、この界隈の人気は高まりそうです。イルミネーションの青い光が水面に映って幻想的な世界を産み出しています。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9179 (3)
目黒川は、世田谷区内の武蔵野台地を水源に、世田谷区、目黒区、品川区の3区を流れ天王洲アイル駅付近で、東京湾に注ぐ、全長7.82 kmたらずの二級水系だそうです。目黒川沿いには、オシャレなお店も多く、川辺を歩くのがとても気持ちよかったです。

 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9178 (3)
木々につけられた40万個の青色のLEDがイルミネーションを形作って、中目黒駅界隈は大勢のひとだかりで賑わっていました。金曜日ということもあり、会社帰りに待ち合わせしたカップルや女友達同士で賑わっていました。
 
 

中目黒 青の洞窟 を歩く

DSCN9175 (2)
目黒川の中目黒周辺で、青いイルミネーションの世界が出現していると聞きつけて、会社帰りに寄ってみました。田園都市線の池尻大橋で下車、天空の庭の横を目黒川沿いに南東方面に歩いていきました。中目黒駅に近づくにつれて、川面が青く光ってきてきれいでした。
 
 

朝まで生討論

今、このブログを書きながら、テレ朝の朝まで生討論を見ています。久しぶりです。この番組、ロングラン番組で、私が学生時代には、毎週深夜に見ていたもんです。昔から討論番組が好きでした。生来、天下国家を論ずるのが好きなこともあり、論客が激論を戦わせる番組が好きでした。田原総一郎の司会も時に挑発ありで非常に刺激的でした。今もなお元気な田原さんをみて、久しぶりに興奮しました。自分の中に政治屋的な部分を大いに感じる時です。
 
 

人の話をよく聴くことから始めよう!

人の話をよく聴き、勝手に思い込みで判断せずに、人の話を忠実に聴き、咀嚼吟味して本質を抽出して、要約してからそれに対して自分の考えをめぐらすようにしたいものです。人が話しの途中で、勝手に思い込みで判断して、先のことを考えてしまうのは間違いのもとである。人の話をよく聴き、その人が何を言わんとしているのかしっかり把握したうえで、Next Actionのための思考をめぐらす。これをしないと人からは信頼されないし、話も実らない。よく聴くこと。これが一番大事。
 
 

人を喜ばせるところにお金はついてくる。

人のニーズやウォンツに応えることで、その対価としてお金を得ることができる。お金を得たいと思ったら、人を喜ばすことだ。人が喜ぶようなことをすれば、お金はついてくる。それが市場原理というものです。あなたは、人を喜ばせるものを持っていますか?
 
 

息子が早朝自主練へ

日ノ出が遅くなって、おふとんが恋しい季節になりました。今朝も息子や娘に先を越されてしまいました。おふとんからやっと抜け出して、朝食を食べ始めましたが、いつもに比べてなんとなく静けさを感じ、周りを見渡すと息子の姿が見えません。いつもなら、朝食にも手をつけないで、タブレットとにらめっこの息子ですが、子供部屋にもトイレにもおりません。玄関の靴を見たら息子の運動靴がありません。もしかして、朝練と?思って、ボールを確認するとありません。やはりボールをもって朝練に行ったらしいのです。練習しろと言い続けてきましたが、全然言うことをきいてくれなかった息子ですが、何を思ったか、家をこっそり抜け出して、朝練へ。私は、手を叩いて喜びました。息子がやっと開眼してくれたかと思うと嬉しくて仕方ありません。これから毎朝続けてほしいものです。がんばれ息子よ。努力する者はきっと救われる。
 
 

軽羹饅頭

会社の同僚から頂きました。軽羹饅頭。何って読むかわかりますか?「かるかんまんじゅう」というそうです。鹿児島のお土産です。3連休に遊びにいったそうです。「軽羹」は原材料に自然薯(じねんじょ=山芋)をふんだんに使った羊羹(棒羊羹)のかたちをした和菓子だそうです。そのかるかんであんこをくるんんだのがかるかん饅頭です。空気をたっぷり含んで蒸されるため、ふんわりと柔らかく白いかわいらしいお饅頭です。おやつにいただきましたがとても美味しかったです。まだ、自分は鹿児島にはまだ行ったことがありませんので、機会をつくって是非行ってみたいと思っています。お土産は、迷わずかるかんです。
 
 

ナツミカン

DSCN9833 (2)
冬に実るのに何故か名前はナツミカン。
 
 

ナツミカン

DSCN9834 (2)
冬に暖を運んでくれる夏ミカンの木。お庭に一本あるだけで、明るい感じになれます。
 
 

法事

この3連休の初日の午後は、叔母の三回忌で、立川にいってきました。お寺で故人を偲んだ後、親戚の皆様と「梅の花」でお食事をして、そのあとは、有志でカラオケスナック「はな」でカラオケに興じました。八王子周りで帰宅の途についたのですが、八王子の横浜線の終電が意外と早く、町田どまりしかなく、町田からは1時間半ばかり徒歩で帰る羽目になってしまいました。自宅に着いたのは、午前2時半ころで、翌朝は、息子のサッカーの試合が10時からだったので、寝不足のまま向かった次第です。
 
 

つかの間の紅葉狩り

DSCN9818 (2)
今朝、息子の少年サッカーの会場の小学校で見つけた真赤なカエデの木。この連休は、サッカーの区大会があり、3日ともサッカー三昧の日々、天気も良かったので、できれば、家族で紅葉狩りに行きたいところでしたが、小学校の校庭にも写真のような真赤に色づいたカエデがあり、紅葉を楽しむことができました。
 
 

つかの間の紅葉鑑賞

DSCN9416 (3)
息子の少年サッカーの区大会の会場で美しく色づいたイチョウを見つけました。つかの間の紅葉の鑑賞でした。
 
<- 11 2014 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login