FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

大根おろしとしらすのせご飯

今日の夕食は、大根おろしをあったかい白米の上にのせ、そこにシラスをまぶしてお醤油をたらして食べました。素朴ですがその美味しさに日本人で良かったと心から思いました。これに西京焼きのお魚などがあれば、最高です。
スポンサーサイト
 
 

天元台

私が初めてスキーを体験したスキー場が天元台です。山形県の福島県の境目にある標高の高いスキー場です。積雪量も多いことで有名なところです。実家の横須賀から貸し切りバスで高校に入る前の春休みに行きました。まだ初心者だったので、現地でスキーセットを借りて滑り方もわからずに始めたわけですが、山の高いところから背中を押されて無理やり滑り出したのですが、止まり方がわからず、カップルの女性の方に飛び込んでしまい、女性がもっていたストックを折ってしまって弁償させられました。苦い思い出です。同級生のお姉さんがスキーがとても上手で、いろいろお世話してくれてとても助かりました。そんな苦い出発のスキーでしたが、その後、学生時代、会社に入った初期の頃は、よく仲間とスキーしたものです。まだまだスノウボードが流行り出す前のことでした。野沢温泉、斑尾、苗場、上越国際などに出かけました。懐かしい青春時代の思い出です。
 
 

節約したければ家を出ないこと

週末になると、どこかに出かけたくなります。特に天気のいい日は、自宅にいるのがもったいなくて、家族を誘ってお出かけしたくなります。家族の都合がつかない時は、それでも一人で出かけてしまうんですが、出かけて思うのは、出かけるとそこには必ず出費があるということです。交通費も馬鹿になりませんし、出先で美味しいものを見つければ食べたくなってしまいますし、掘り出し物を見つけて買ってしまうことも多いです。お金を使わないでただ歩いて終わりとおしまいということはめったにありません。出かけないで自宅にいれば出費の誘惑にかられることもなく、節約には一番です。お金をためたかったら、家で静かに過ごすことですね。自宅で、じっくり体を安め、身辺の整理をし、じっくり考える時間をもてれば一石二鳥です。
 
 

ゴミゼロの日

5月30日、きのうは、ゴミゼロの日だったんですね。最近、自分の中でふつふつと湧いてきたのが、「整理」です。まず、部屋の整理、現状は、ゴミ屋敷ならぬゴミべやと化してしまっていて、部屋のドアから机までたどりつくのに、山積みの本やコピー、新聞の切り抜きの山を飛び越え、踏み越えなければたどり着けません。バランスを崩して山が時々崩れ、お目当ての本がいつの間にか行方不明になったりします。こんな部屋は、自分の心の現れでもあり、早く整理して、心を落ち着かせたいと思っています。なかなか一気にはかたずけられず、整理は遅々として進まないわけですが、もう限界をとうに超えているので、なんとかしなければなりません。
 
 

夕陽


帰宅時に、空を見上げるときれいな夕陽が見え、思わず見とれてしまいました。
 
 

タンポポの乱舞



 
 

タンポポの乱舞


息子の週末のサッカー大会の会場だった長坂谷公園の広場でたくさんのタンポポが咲き乱れているところを見つけました。春ですね。
 
 

プレゼントは、くるりの手ぬぐい

最近、自分の中で、身近なものを再発見することを良しとする感覚が生じている。たぶん、歳をとったことが影響していると思います。歳をとると、昔から慣れ親しんだものに回帰する傾向が出てくるんだと思います。鎌倉は、生まれ育った横須賀から近いということもあり、身近に寺社仏閣の世界に浸れるところでした。鎌倉を歩くと落ち着きます。歴史が息づく街だけに歩くたびに鎌倉の歴史に思いをはせ、さらにもっと知りたくなります。そんな鎌倉詣でが、自分の中のブームになりました。先日も、GWのとある晴れた日に、鎌倉をハイキングしましたが、ちょうど母の日の前ということで、小町通りのくるりで、鎌倉の四季をあらわした手ぬぐいを母の日のプレゼント用に購入しました。妻には、朝顔の前で、小柴が戯れる絵をえがいたもの、じかの母には、朝顔と風鈴が描かれたいかにも夏らしいものを選びました。お店の中には、鎌倉でよくみかける四季の風情が描かれた手ぬぐいが飾られていて、見ているだけでとても楽しいお店でした。プレゼントにくるりの手ぬぐいは、お薦めです。
 
 

不条理

サッカーほど不条理なものはない。不確実性が高いスポーツと言うこともできる。たとえどんなに優勢に試合を進めていようが、どんなに押せ押せムードで試合を進めていたとしても、たった1回の相手側シュートが決まってしまって負けてしまうことも少なくない。そんなサッカーを不条理なスポーツと評される。人生も同じです。人生不条理なことの繰り返しです。思ったように行かないのが人生だと思っていたほうが良い、
 
 

毎日、よい習慣を繰り返そう

ベストセラー「七つの習慣」じゃありませんが、よい習慣をもって、それを毎日続けていけば、将来明るい未来が開けることでしょう。親として、子供たちにぜひ身につけさせたいことは、よい習慣です。読書、朝食、勉強、運動、家事手伝い、親孝行・・・・・・。
 
 

朝ごはん

今週から、朝ごはんの当番になりました。うちは、今まで長い間、朝食はパンと決まっていました。子供たちも菓子パンをちょこっとかじって学校へ行くことが多く、体をつくる時期にこれでいいのかなあ?とずっと思ってきました。ママにも時々、朝食は和食にしない?と何度も説得してきましたが、朝は、時間がないのでという理由で、断られ続けてきました。そこで、じゃあ自分が作るよということで、週半分、自分が朝食の当番となって、和食を作ることになりました。朝6時に起きて、15分程度でちゃちゃちゃと作るのを心がけています。朝ごはんのメニューですが、ハムエッグに、魚肉ソーセージ炒め、納豆に、ミックスベジタブル、生卵かけごはんに、ポテトフライ、冷凍ハンバーグ、大根おろし、味噌汁、野菜ジュースにミルクとヨーグルトなどが、ここ2日間のメニューです。今後予定しているメニューとしては、はんぺん焼き、オムライス、キャベツの千切り、なすのみそ炒め、焼き鮭、煎り卵、かまぼこ・・・・・・・。なんかこれって、昔、自分が子供の頃、お母さんに作ってもらったものばかりじゃないですか。
 
 

宣誓!家族の笑顔を最優先して暮らしてゆくことを誓います。

子供は親の所有物じゃありません。頭でわかっていても、ついついちょっかいを出してしまうものです。うちの子供たちも、はやいもので、中1に小4になりました。ここはひとつ子供を信用して、突き放してみるのも大事な時かもしれません。毎日子供たちが笑顔で元気に生きてくれたらそれでいいのかもしれません。笑顔は幸せのバロメーター。子供たちの笑顔こそが親にとって一番大切にしたいものだと思います。家族の笑顔を第一優先して暮らしていくことをここに宣言いたします。
 
 

くりはま花の国



 
 

くりはま花の国



 
 

ポピーの絨毯



 
 

与えられた境遇の中でベストを尽くす

人生、思うようにいかないことばかりです。いくら頑張ったつもりでも、報われないことばかりです。でもそこで、投げやりになったり、くさったりしてしまったら、人生そこまでですよね。自分の今ある境遇の中で、最善を尽くし、最高のものを目指して全り力を尽くす。その積み重ねがいずれ実を結ぶことを信じていきたいと思います。
 
 

自然との融和の時間

先週末、久しぶりに横須賀の実家に帰って、自然と融和する時間をたっぷり持ちました。やはり自然豊かなところはいいですね。横須賀は、横浜に比べて、緑が多く、海も山もあり、小学校の校庭は広いし、道路も広い、家と家の間もひろく、ごみごみしていません。人もそんなに多くなく、鳥や虫も多く、過ごした時間はわずかですが、生き返ったようでした。こんなところで、子供を育てられるのが理想ですね。何故、人はみな、東京東京と都会ばかりに引き寄せられるのでしょうか?経済原理で動くのはわかりますが、やはり一極集中は、不自然だし異常な感じがします。もっともっと郊外に目を向ければ、人間ももっともっと豊かになれるような気がします。私は、なるべく週末は、郊外に足を向けて、自然と融和して生きていきたいと思います。
 
 

どんどん書こう!

書くことで、考えが深まり、考えがまとまり、知識が定着する。書くことの効用ははかり知れないものがある。どんどん書いていこうではありませんか!
 
 

くりはま花の国



 
 

家族で来たかった



 
 

くりはま花の国



 
 

ポピーの数に圧倒される



 
 

くりはま花の国 何株か数えてみる?



 
 

くりはま花の国 ピンクのポピー



 
 

くりはま花の国 ポピー満開



 
 

久里浜花のくにのポピー



 
 

かぶれ

今日、体中がかゆかった。昨日、実家で草むしりした影響です。昨年の夏、やはり草むしりでかぶれました。その時は半そでシャツだったためもろに腕に草や葉や泥がふれ、帰ってから腕中がかゆく炎症して大変な思いをしたので、今年は、長袖で、なるべく皮膚に触れないようにやったにもかかわらず、家に帰って、昨日の晩くらいからかゆみが増して、今日は、腕中にぼつぼつができて痒くて落ち着いて仕事にも集中できないくらいでした。これは、草や葉についているダニなどに対するアレルギーと解釈した方がいいのかもしれません。当分このかゆみに悩まされそうです。
 
 

くりはま花の国 ポピー満開


実家のある横須賀、三浦半島は、レジャー半島と呼ばれるほど、観光スポットが目白押し。久里浜はなの国も横須賀を代表する名所になりました。身近な横須賀をもっともっと堪能して、横須賀を骨の髄から楽しんでいきたいと思います。
 
 

くりはま花の国 ポピー満開



 
 

今日の収穫 青梅


今日、数ヵ月ぶりに実家に帰った。目的は、草むしり。高齢の両親に代わり、家の庭に繁茂した草を刈り、切り、むしりきれいにした。草木の生命力に圧倒された一日でした。1年前の夏にきれいさっぱり刈ったはずの草木が、また元のように復元していました。刈っても切っても次から次に生えてくる草木の生命力にただ圧倒されるのみです。草木との格闘、踏まれても踏まれても生えてくる草魂を肌で知る意味でも、草刈は今や欠くことのできないものとなりました。何も考えず、ただひたすら汗水たらしながら黙々と草に向かうそんな一日を大事にしたいと思います。草刈りの後、門の横の梅の樹にたわわに実った青梅を発見。脚立にのって、手の届く範囲の梅を頂戴してきました。これから、梅ジュース用のエキスを取る予定です。自宅に帰ってからきれいに洗い、ヘタを取って、今ベランダで風にあてて水切りをしています。収穫って楽しいものですね。実のなる木は庭木として貴重です。初春に花を楽しみ、初夏に実を楽しめる梅の樹は、大好きです。昔から板ガムといえば、梅を愛し、和菓子といえば、水戸の梅(甘露梅)、お酒と言えば梅酒を愛してきました。これからも梅にもっともっとのめり込んでいきたいと思います。
 
<- 05 2015 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login