FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

東京都のマンホール



スポンサーサイト
 
 

夕やけだんだん



 
 

さっそく見つけました。黄昏時にのびのび



 
 

谷中でよく見かけるのが猫ちゃんです。ニャーォ



 
 

今日は、会社帰りに谷中ぎんざを歩いてみました。



 
 

開くとこんな感じ



 
 

開花寸前 つぼみがどんどん膨らんできました。



 
 

今まさに開かん



 
 

凛とした踊り手



 
 

ヤットサー ヤット ヤット



 
 

昨日の薄桃色の朝顔



 
 

昨日の朝顔



 
 

ちどり連の男踊りと女踊りの混成阿波踊り



 
 

ちどり連の女舞い



 
 

踊るアホに見るアホ同じアホなら踊らにゃ損損



 
 

阿波踊りは、日本の踊りの最高峰



 
 

今年の夏初めて見た阿波踊り これを見なきゃ夏は始まらない。



 
 

大和中央通りと待機する浮世連



 
 

黄昏時の大和駅前 阿波踊り宴たけなわ



 
 

7/25 神奈川大和阿波踊りグッズ



 
 

横浜高校 渡辺監督 お疲れ様

今、神奈川県高校野球の決勝戦の録画を見終わったところです。横浜高校対東海大相模、伝統の2校の対戦でした。この2校が神奈川県の高校野球を引っ張ってきたといっても過言ではありません。その横浜高校、私が、横浜高校をテレビで見るようになったのは、小学校の低学年、その一番古い記憶の投手が、永川投手であり、その時からチームを引っ張ってきたのが渡辺監督でした。その渡辺監督がこの決勝戦をもって、退任と言うことで、50年近い監督の歴史に幕を閉じるとのことです。とても寂しいですが、よくここまで、頑張ってこられたと敬意の気持ちでいっぱいです。私が小学生の時にテレビで見た渡辺監督は、昔のままの姿で、今日もテレビで采配をふるっていました。もう見られれないと思うととても寂しく感じます。渡辺監督はあの怪物松坂を育てた監督であり、松坂以外にも数多くの選手をプロ野球へと送りこんできた名監督です。小学生のころ、9回裏の土壇場でのサヨナラ満塁ホームランで感動的な勝利をおさめた試合は今でも忘れられません。その年は、選抜初優勝でした。それから今まで、数多くのドラマをありがとうと声を大にして感謝の言葉を申し上げたいです。50年の長きにわたって、神奈川県民に勇気と数多くの感動をもたらしてくれました。渡辺監督の最後まであきらめない野球。これを自分の人生にも活かしていきたいと思います。
 
 

横浜市歌。生粋の浜っ子なら誰しも口ずさめる歌 作詞はあの森鴎外先生



 
 

昔よく木登りしました。校庭にこんな木があるのはうれしい。



 
 

こけた抜け殻



 
 

蝉の抜け殻



 
 

この花の名前は?



 
 

あざみ野剣山で見つけたゆり



 
 

コスモスとスプリンクラー



 
 

タイサンボク、昔実家の庭にあったのを思い出しました。



 
 

ひまわりの親子



 
<- 07 2015 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login