FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

なかなか飛び立たず、結局、僕が登場。バケツで捕獲して中庭に逃がす。ハトさんさようなら。元気でね。



スポンサーサイト



 
 

息子がダウンジャケットで武装して、ハトが飛び立つように追いたてるが奏功せず。



 
 

まだ花びらが伸びきっていないしわくちゃな双子の朝顔



 
 

ベランダ中に糞をしまくって、妻に追い出されようとしているハトさん



 
 

毎日新しい朝顔に出会うのが楽しみです。今朝も、ブルーの朝顔と出会えました。



 
 

リビングのガラスに衝突 それから居ついてしまったそうです。ドアを開けていたらリビングに入り込んできてしまい、扇風機の風をあてて外に出てもらったそうです。



 
 

闖入者 週末我が家のベランダに飛来して居ついてしまったハトさん



 
 

大きな朝顔とミニ朝顔のペア



 
 

もう勝手にしろ!

娘が親の言うことを全然聞き入れません。娘の将来を思って、今のだらだらした生活がきになって、ついいろいろ娘には言ってしまうんですが、今晩も、怒り心頭に達して、いつもより強めに注意したところ、こんな父親はいない。なんでこんな父親のもとに産まれてしまったんだよと涙声で訴えてきました。「もうこれはダメだ」と思い、娘のそばから離れました。娘のことを思うが故のアドバイスに全然耳を貸そうとしない娘。もう放っておくしかないなあと完全に諦める気持ちになりました。もう娘には何も言いたくありません。勝手にしろ!って感じです。
 
 

1日を2回楽しむ

人生の中で、やりたいことは山ほどあります。そんな人生を充実して生きていくためには、1日を2回楽しむくらい貪欲に生きていきたいものです。まず、昼間は、職場でワクワクし、帰宅してから朝、出社するまでは、自宅でワクワクする。1日2部制で、両方ともワクワク生きる。それが、充実した人生の過ごし方だと思います。
 
 

前衛

現場の第一線で、一番最前線で戦う人、それを前衛と言います。前衛は、鉄砲玉が飛び交う一番危険なところで戦う人です。私は、そんな前衛で生涯戦い抜きたいと思います。それが、毎日ワクワクして生きていける気がするから。
 
 

いまこのときに誠実であれ!

人生は、目の前にある仕事に全身全霊を込めて誠実に尽くすこと、すなわち、今を誠実に生きることに尽きる。
 
 

青空に向かって、共に咲く



 
 

純白の朝顔



 
 

上が普通サイズの朝顔、下がミニサイズの朝顔



 
 

紫色の朝顔



 
 

百花繚乱



 
 

人生は茶番劇だ

人生なんて、茶番劇のようなものだ。いくら頑張ったって、ダメな時はダメだし、いい加減に生きていても、うまくいってしまうことだっていくらでもある。茶番劇と割り切って思いっきり楽しんでしまいましょう。たった一度の人生だから、誰彼に遠慮することなく、他人に迷惑をかけない範囲で、自分の好きなように生きればいいんです。私は私の茶番劇を生きていきます。
 
 

ミュージカルの思い出

大学時代に、都内のどこかの劇場で見た早稲田大学の同好会のミュージカルが30年経った今も印象に残っている。初めて生で見たミュージカルに感動し、興奮した記憶がある。当時流行っていたぴあで知って行ったのかもしれません。学生のミュージカルにもかかわらず、踊りと歌の饗宴、迫力に圧倒され興奮したことを覚えている。ミュージカルってこんなに面白いんだと思ったことを覚えている。しかし、その後、ミュージカルらしいミュージカルを生で見る機会は訪れていません。今年の秋は、久しぶりにミュージカルに行ってみようかなと思っています。
 
 

さらにタワーのツーショットにフォーカシング



 
 

東京タワーの赤、ツリーの点滅も確認



 
 

さらに拡大



 
 

拡大



 
 

横浜市緑区長坂谷公園からスカイツリーを発見しかも東京タワーも


今日、息子のサッカー大会で、横浜市緑区の長坂谷公園に行きました。そこで、なんとスカイツリーと東京タワーの両方をいっしょに見れることを発見しました。自分の中では大発見でした。中央やや右寄りのタワーがそれです。
 
 

ダイバーシティー



 
 

朝顔にダイバーシティーを想う



 
 

今朝発見した変わり種朝顔



 
 

家族でとんかつ

今日は、一日中、息子のサッカーで、炎天下、外で動き回っていたので、体力も消耗、夕食は、みんなで外食することになりました。
さて、何を食べに行くかの相談となり、今まで自分が提案してもいつもことわり続けられたとんかつが見事当選、久しぶりにとんかつを食べることになりました。妻は、家で、とんかつもてんぷらも油系の食事は作りません。ですので、子供たちも、あまり食べなじみがないためにどちらかと言うと好んでいません。でも今日は、妻が食べてもいいといってくれて、近所の和幸にいくことになりました。私と息子は、ひれかつロース御膳、妻と娘が、ひれかつ御膳を頼みました。さくさくに仕上がった上質肉のとんかつに、ごはんがたっているコシヒカリ枚、お皿からあふれんばかりの千切りキャベツに、いいだしの出たしじみ汁、とても美味しかったです。私は、ごはんとキャベツとしじみ汁をしっかりおかわりして、さらに、息子が食べ残したロースカツまで食べて、お腹一杯、満足の夕食でした。今日、息子のサッカーチームは、ブロック優勝して、明日からトーナメント戦に入ります。その勝利を祈念してのかつでした。今後、家族の勝負日前日には、力をつけるためにとんかつを食べに行きたいと思います。
 
 

45年ぶりの夏の甲子園優勝

今日の最大のトピックスは、なんといっても、東海大相模の優勝です。東海大相模は、私が小学生時代に1度夏全国制覇してから、それ以降は、準優勝まではいっても、なかなか優勝は遂げられずにきていました。原辰則が活躍した時代ですら、いいところまでいきましたが、夏の全国制覇まではいきませんでした。今年も、甲子園が始まる前から優勝候補に目されていましたが、正直、半信半疑でしたが、やってくれました。
 
 

共に咲く



 
<- 08 2015 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login