FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

思い思いのカボチャの顔が可愛い



スポンサーサイト
 
 

京都駅前のイベント広場でハロウィーンデコレーション 仮装した子供たちが記念撮影していました。



 
 

フィナーレは、カボチャ大集合



 
 

上からスパイダーが降りてきました。



 
 

ハロウィーンのグラフィカルイルミネーション@京都駅ビル



 
 

今日は、ハッピーハロウィーン


京都駅ビルの大階段のグラフィカルイルミネーションによるハロウィーンイベントを見てきました。オルゴール調のBGMにのって、LEDで可愛らしい映像が映し出されていました。
 
 

先日、枕を買いに行った。ニトリに行ってみたが、たくさんの種類の枕が置かれていた。枕の高さ、柔らかさ、中身など多種多様なまくらが置かれていた。昔ながらのそばがらのまくらもあった。枕の高さは、寝方によって違うことも知った。仰向けに寝る人は低い枕、横向きに寝る人は、高い枕が適しているそうだ。要は頭の位置が、ちょうど立っている時の頭と体の位置関係を保っているような高さの枕が適しているそうだ。私の場合は、昔から横向きに寝るタイプ、だから枕は高めがいいといことになる。道理で、低い枕に違和感を感じ、枕が低いが上に、寝ている際に両腕のやり場にこまり、手が下敷きになってしびれることが多かった。枕を高くしたところ、手のしびれは感じなくなった。こんなところにも枕の高さの重要さがわかる。これだけ多種多様な枕が用意されていると言うことは人それぞれに寄って枕に対するニーズが違い多様だと言うことです。たかが枕と笑わないでください。人生の時間の1/4を消費している眠りの時間をいかに過ごせるかはとても重要です。その眠りの質の大きなファクターを担っているのが枕なのです。自分にあった枕を見つけること、重要です。
 
 

茄子

みなさん、野菜の中で一番お好きなものは何ですか?僕は、茄子です。一昨晩、鳥の唐揚げと茄子の炒め物にとろみをつけたたれで味付けしたものを食べている時につくづく思いました。茄子のおみそ汁も大好きですし、茄子にひき肉を挟んで油で揚げた茄子のはさみ揚げも大好きです。帰省した際に、僕が好きなことを知って、よく母が作ってくれたものです。その他、マーボーなすも大好きですし、茄子の浅漬けも大好きです。茄子料理で嫌いな物は見つかりそうもありません。
 
 

後楽園から茗荷谷まで歩く

今日の午後、丸の内線後楽園駅近の文京シビックホールで研修を受けました。その帰り道、北の方角にあてもなく歩きました。途中、まず、目に止まったのが、こんにゃくえんまです。浄土宗の源覚寺がこう呼ばれているのは、江戸時代の後期、眼の悪い老婆が、好物のこんにゃくを断って、閻魔様にお供えをして、眼が治ることをお願いしたところ、閻魔様が、その願いを聞き入れて、自分の右目を老婆にあげて、老婆の眼が治り、そのかわりに、閻魔様は、片目を失なってしまったのが由来だそうです。自分の母も幼少期から眼を患って苦労をしてきました。この由来、帰ってからネットで調べて知ったので、今日は、そんなご利益などつゆ知らず、立ち寄りませんでしたが、今度、時間をつくって、こんにゃく閻魔様に、母の眼が治るように祈願してこようと思います。このこんにゃくえんまさんの道を隔てた向かいに見つけたのが、やきとり酒場遠州屋というもつやき、煮込み、もつなべのお店です。大きくて安くてうまいとかかれた風情ある看板に誘われて、寄ってみたい気もしましたが、まだ時間も17時と早かったので、やめました。吉田類の放浪酒場でも取り上げられたお店だそうです。遠州屋の名前の由来は、お店の主人が静岡出身だからだそうです。
 
 

オススメ いちごしょこら大福 美味しかった

セブンイレブンの「いちごしょこら大福」を食べました。チョコホイップに甘酸っぱいとろりとしたいちごフィリングが包まれていて、かじるとチョコといちごが口の中で混ざり合いなんとも言えないハーモニーを産み出します。この商品は、フジテレビのBISTRO SMAPとのコラボレーションでうまれたそうです。SMAP香取慎吾監修のこだわりの味、お薦めです。
 
 

子供の成長を感じるとき

今朝、息子のサッカーの練習につきあった。後半の練習試合で、息子が今年初得点をあげた。久しぶりに息子がピッチに立つのをみて、だいぶ動きがよくなってきたなあと感じている矢先のゴールだった。仲間から祝福されたのが本当に久しぶりだったようで、息子が満面の笑みを浮かべて本当にうれしそうだった。確実に成長していると感じた時だった。昔は、やかましく練習しろと息子に行っていましたが、全然言うこと聞かない息子にあきれて、ほっぽらかしていたら、自ら朝練に行くようになり、あんなに出来なくてあきれていたリフティングも、聞くところによると、チャンピオンデータは、なんと180回、200回に後もう少しで届きそうなところまで来ているようです。今日も、午後、息子から逆に一緒に練習しようと誘われるくらい、息子にとってサッカーが面白くなってきたようです。何事もそうですが、面白くなることが上達の第一歩です。子供っていうのは、黙っていても成長する時がくれば成長するもんなんですね。安心しました。今日は、息子のゴールを見れて、そして、確実に成長してくれている息子を感じられて本当に幸せな一日でした。これからの成長が楽しみです。頑張ってほしいと思います。
 
 

迷い道

私が、中2の時に、横須賀のデパートさいか屋のエスカレーターに乗っていた時にジュークボックスから流れてきて運命的な出会いをした渡辺真知子の迷い道、その歌詞に「ひとつ曲がり角ひとつまちがえて迷い道くねくね」というのがありますが、その後30数年を経た今、自分の人生を振り返って思うのは、まさに、この歌詞の通りだったなあということです。人生の中で曲がり角は度々ありましたが、何気なく選んで道を間違えたがためにその後、迷い道に迷いこんでしまった人生だといえます。今も、迷い道くねくねの人生です。この調子だと生涯、迷い道になりそうです。
 
 

現在、建設途上にある国道16号線と国道246号線の交差点近くの東名高速町田横浜インターを結ぶ高架道路。これで、16号線の慢性渋滞も解消されることだろう。背景に見えるのが、南町田のマンション、ガーデンセシア



 
 

味玉を分割して、1個は隣に座っている息子にあげた。息子も美味しそうに並を食べていた。しかも半ライス付きで。でも残して自分が食べた。



 
 

これが、甲子家のラーメン中太麺味玉トッピング900円です。



 
 

横浜家系ラーメン 甲子家


今日、息子と二人で昼過ぎからデートしました。まずお腹がすいていたので向かったのがラーメンやさん、長津田の環状4号線沿いの甲子家に行きました。ここは、横浜家系ラーメンのお店で、IEK(イエケー)48総選挙で一位に輝いた上星川の寿々喜家(すずきや)の流れを継ぐお店です。
 
 

「変な人」と言われるのは、作家にとって最高の褒め言葉

そうかもね。最近、つくづく思うよ。変な人と言われることを誇りに思うことかな。
 
 

楽しく生きなきゃ。

「人なんてみんなチョボチョボや」小田実の言葉である。立った一度の人生、思い切り楽しまなきゃもったいない。人生で一番大切なこと、楽しく生きることじゃないかな。
 
 

岸壁から海上自衛隊艦艇



 
 

こんな身近に日本丸を感じられることはめったにない



 
 

日本丸を一目見に海岸線は人だかり



 
 

かつてニチロがあった岸壁に停泊中の海上自衛隊の艦艇



 
 

20151017 久里浜港



 
 

横須賀火力発電所の3本の煙突をバックに日本丸



 
 

かつてペリーが上陸した文明開化の港に浮かぶ軍艦と日本丸



 
 

海上自衛艦 「はつしま」と「ちちじま」



 
 

釣り船と日本丸 日本丸の大きさがわかる



 
 

久里浜港のめったに見れない光景 観艦式前日 久里浜港が軍港と化した日



 
 

帆をはる日本丸@久里浜港



 
 

横須賀火力発電所と日本丸



 
<- 10 2015 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login