FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

大阪王将エトモ中央林間店


昨晩は、大和の阿波踊りを見に行った帰り、中央林間で夕食を食べました。入ったお店は大阪王将です。最近、タルタルソースたっぷりかかったチキン南蛮のとりこになっています。昨晩も、いろいろ悩みましたが、結局選んだメニューは、チキン南蛮定食でした。非常に大粒のチキン4個にタルタツソースがたっぷりかかりキャベツが添えられています。ここ名物の餃子もこれがメインではないかと思わせるほどの存在感があります。スープとたっぷりご飯がついて、これで、990円です。最近、お腹が小さくなってしまったのか、これだけのボリュームをたいらげるとお腹が苦しくなります。でも美味しかった。食欲旺盛の若者にはオススメのお店です。
スポンサーサイト



 
 

プロ意識をもって

なめたらあかんぜよ。プロ意識をもって仕事してる。だからこそ、なめられたら怒りたくなる。みんな仕事のプロなんだ。プロ集団。お互いに敬意をもってプロの仕事をしていこうじゃありませんか。
 
 

これは桜でしょうか?葉桜にしては満開



 
 

いい雰囲気を出している緑の壁のお店



 
 

壁一面にからまるつる



 
 

裏通りから眺めた表参道ヒルズ



 
 

いいもの見つけた CATSBY 洗顔ウェットティッシュ

最近、見つけた優れ物をご紹介したいと思います。それは、CATSBY 洗顔ウェットティッシュです。私は、油性で、午後になると顔面に油が浮いて、ベタベタ、テカテカしはじめてうっとうしくなります。今までは、トイレにいって、石鹸をつけて顔を洗っていました。結構時間はかかるし、ワイシャツなどぬれてしまうし、首掛けの携帯電話やICカード、ウォークマンなど外す煩わしさなどがあり、なんとかならないものかと思っていました。そこで、見つけたのが、上記のウェトティッシュでした。たった1枚で、簡単に顔を拭くだけでベタベタ、テカテカはなくなり、さっぱりしてリフレッシュもでき、何も取り外すことなくハンカチもびしょびしょにならず、時間もかからず、あっと今に変身できます。最近のマイブーム、一押しの商品です。

 
 

表参道ヒルズの裏道



 
 

表参道にはお洒落でユニークな建物が多い。



 
 

表参道 この先が明治神宮



 
 

表参道のケヤキ通り



 
 

一日一生

村木厚子さんが拘置所で読まれた本として紹介されていたので、私も手に取った本、酒井雄哉著の「一日一生」(朝日選書)を読了しました。約7年かけて約四万キロメートル(地球1周分)を歩く荒行「千日回峰行」を80年、87年の2回にわたって完遂した超人の著作です。一日が一生だと思って生きること、身の丈にあったことを毎日くるくる繰り返すこと、が重要だと説きます。

 
 

表参道の和をのずむ記念碑



 
 

遅咲きの桜



 
 

有楽町 ガード下 もつ焼き ふじ

昨日は、私の誕生日でした。この歳になると一つ歳とるのは寂しいことでもあり、特にお祝いなどしませんでしたが、昔の会社の同期で、かなり前にやめてしまった友達が最近また他の会社に再就職したということで、突然電話がかかって来て、一緒に飲むことになりました。彼の会社が聖路加タワーの上階にあり、有楽町沿線だったので、いつも前を通り過ぎながらいつか入ってみたいと機会を狙っていたガード下のもつ焼き屋さんが頭に浮かび、有楽町で会うことにしました。入ったお店は、「もつ焼き ふじ」でした。もうもうと前が見えなくなるほどの白い煙の中、高架を走る電車の音、お客さんのワイワイガヤガヤ賑やかに飲むなか、ビール片手にたん、はつ、ればー、かしら、煮込み、ポテトサラダと美味しくてお酒もすすんだのでした。
 
 

ワインの酒場 DiPUNTO 大手町店

昨年、会社の仲のよい先輩二人が、定年で会社を去りました。かなり前からその先輩二人に、OBや現役も含めて7,8名の気の合う仲間が集まって飲んでいましたが、退職されてからも、この会を継続しようということで、半年に1ぺんくらいの割合で開催してきました。会の名前は、この仲間がたまたまであったように、人生すべたが、たまたまというところで、「たまたまの会」と命名されました。そのたまたまの会の第3回が、7月21日に、大手町のフィナンシャルシティ サウスタワー1F のワインの酒場DiPUNTO 大手町店で開催されました。なかなかお洒落な雰囲気のいいお店でした。女性同士のお客さんも多く、女子が好きそうなお店でした。最初に出された、テーブルを覆うかのような大きな板の上にだされたこの店自慢のてんこ盛りのイタリア産&スペイン産生ハムにレタス、ビールにワイン、サングリアのおつまみとして最高でした。野菜スティックも、美味しいドレッシングにつけてとても美味しかったです。5000円、2時間半飲み放題で、ハムとサラミのてんこ盛り(トッピング野菜付き)、おかわり自由のパン、サーモンタルタルとトマトのブルスケッタ、挽き肉とマッシュポテトのチーズ焼き、ムール貝のワイン蒸し、合鴨のロースト~カシスソース、カニの濃厚トマトクリーム焼きペンネそして最後のデザート、ワインで作ったシャーベットとお徳感たっぷりのコースでした。大手町での宴会おススメです。



 
 

桜と夏みかん



 
 

桜をバックにボートを漕ぐ彼氏を撮る彼女 羨ましいなあ



 
 

カップルのボートが似合う千鳥ヶ淵



 
 

千鳥ヶ淵の桜の枝ぶり 雄々しさを感じる



 
 

千鳥ヶ淵のボート乗り場



 
 

千鳥ヶ淵 ボートからの花見



 
 

村木厚子著 「あきらめない 働くあなたに贈る真実のメッセージ」

村木さんは、厚生労働省の元事務次官、一時期、冤罪でマスコミで取り上げられた方です。日経のコラムを読ませていただいて、いい文章を書く人だなあと思っていたところ、古本屋で村木さんのタイトルの著作を目にして、読んでみました。無実の罪を着せられて、刑務所に拘留されている時も、絶対にあきらめない気持ちをもち、二人の娘を心のつっかえ棒にし、一日一生のつもりで毎日を過ごされたとのことです。いろいろ人生の参考になるようなヒントがつまった一冊です。


 
 

千鳥ヶ淵のボート乗り場 風もなく静かな春の日



 
 

都心の光景とは思えない



 
 

さくらのカーテン越しのお濠



 
 

お濠に張り出した力強い枝ぶり



 
 

千鳥ヶ淵 菜の花と桜



 
 

葉桜



 
 

映画「ペレ」息子と一緒に絶対に見に行きたいと思います。

今日、息子の机の上を見たら、映画「ペレ」のちらしが置いてありました。ペレといえば、ブラジルが産んだサッカーの王様、学校でもらってきたらしんですが、サッカーに最近のめり込み始めた息子と一緒に是非見に行きたいと思います。サッカーのエースナンバーは「10」ですが、ペレが10番だった事に由来すると言うのは初めて知りました。
 
<- 07 2016 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login