FC2ブログ
_「一から十」

_「一から十」

ブログタイトルの「一から十」には、自分の見たこと聞いたこと感じたこと「一から十まで、すべて」という意味と「マイナス(-)をプラス(+)に転化する」という意味と「一を聴いて十を知るものであって欲しい」という思いを込めています。人生の戦いに日々格闘する方々と、前向きに生きていくための勇気と知恵と活力を分かち合いたいと思います。

 

世界の山ちゃん 田町三田口店

名古屋生まれの手羽先の名店、世界の山ちゃんの田町三田口店で飲みました。手羽先がビールにあって、何杯でもいけそうないい味出しています。それに、冬ということもあって、温まりたかったのでもつ鍋を注文。これが、とろけるようなコラーゲンたっぷりのやわらかいもつが最高でした。自宅周辺でネット検索してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。まだまだ関東には出店していないようです。三田に行ったら寄りたいお店です。
スポンサーサイト



 
 

心身脱落

道元の教える心身脱落(しんじんだつらく)こそ、今の自分に必要なことかもしれません。今やっている100de名著「正法眼蔵」の第1回目を見て、そう思いました。正法眼蔵と言えば、道元の書いた哲学書。私の祖父や高校時代の恩師も愛読していました。私も、自分が記憶する往年の祖父や恩師の歳になり、正法眼蔵をゆっくり紐解きたい気分です。自我を捨てる事。自我がある者同士が集まればお自ずとぶつかり合います。自我を抹消すれば平和なのです。つまらない自我にこだわらずに心身脱落して心の平穏を呼び込みたいと思う今日この頃です。
 
 

もう直球は投げない

今まで直球勝負の人生でした。直球を良しとする哲学で生きてきました。だから衝突も多かったし、生傷も絶えなかったように思います。もうそろそろ、直球ばかりはやめたいと思います。これからは、カーブ勝負の人生で、のらりくらり相手をすり抜けてぶつからない人生を歩んでみたいと思います。
 
 

やきとり処 月忠 町田店

昨日は、15時から子どものサッカーのおやじ会で飲み始めました。場所は、月忠町田店 和牛ハラミ焼きに各種焼き鳥とっても美味しかったです。フライド山芋や、袋ではいってくるメンチカツもジューシーで最高でした。一次会の後、2次会で行ったのが磯丸水産町田店、2次会はそこそこに済ませて、カラオケ好きの親父連中でカラオケ館にいき、1時間半、たっぷりうたいました。
 
 

ひとを一番元気にしてくれるものとは?

その答えは「希望」です。今日の朝ドラ「べっぴんさん」が教えてくれました。夜の霧でも、強制収容所で、過酷な生活の中で生きる力になったのは、「希望」でした。希望や夢をもつことが、ひとをいきいきとさせてくれるんですね。
 
 

合気道には、試合がない。練習あるのみ。人と強弱を争うものではないという精神が素晴らしい。



 
 

相手の力を利用して相手を倒すのが合気道



 
 

合気道青空演舞@かえで祭 相手の力を利用して相手を倒す



 
 

みそ膳 丸の内店

今日のランチは、無性に味噌ラーメンが食べたくなって、丸の内で以前から気になっていたみそ膳に入りました。選んだのは、札幌味噌ラーメン720円です。濃厚なみそスープに、コーンともやしがたっぷりのっかていて、肉厚で大きめのチャーシューがのっていてとても美味しかったです。私は11時半ころ、並ばずにカウンター席に座れましたが、食べ終わってお店を出る頃は、店の中は満員、そとの椅子にたくさんの人が待っていました。超人気店です。
 
 

室壱羅麺

11月2日は、業界団体の集まりで、日本橋に出張しました。朝から夕方までの会合だったので、お昼は、日本橋界隈でということで、ビルを出て、お店探し、飲食店が集まっている裏通りで、ラーメン屋さんを中心に探していましたが、目に留まったのが、室壱羅麺でした。大勝軒を思わせる魚介系豚骨のスープで、刻み玉ねぎが入っていて、後味がさっぱりしていて、腹に持たれません。麺は細麺と太麺を選べ、私は細麺を選択、チャーシューもやわらかで大きめ、また食べてみたいと思わせる美味しい一杯でした。オススメです。


 
 

長坂谷公園のショッキングピンクのコスモス



 
 

コスモスに癒されて・・・・



 
 

青空に映える黄色のコスモス



 
 

イエローコスモス かわいい



 
 

秋の花と言えばコスモス 新治市民の森の黄色いコスモスです。



 
<- 11 2016 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

アールドヴィーヴル

Author:アールドヴィーヴル
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login